• Both Sides of the Brain

  • Sef Lemelin - Deconstruction

  • Sef Lemelin - Deconstruction

  • AHF Release<

  • SFCC

  • SFCC

  • YFE Store Gift Cards

アレックス・ヘンリー・フォスター贖罪的な旅

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

彼はドラモンヴィル・バンドYour Favorite Enemiesのリーダーである。

アレックス・ヘンリー・フォスターにとって、日常の喧騒から逃れるために向かったモロッコへの旅は、結果として、数日前にリリースされたばかりのソロアルバム『Windows in the Sky』へのインスピレーションの源となった。既に彼の作品は、Marie-Mai、MuseやImagine Dragonsなどのビッグアーティストを抑え、チャートトップに君臨している。

この予想外のサクセスストーリーの始まりは2年前に遡る。バンドYour Favorite Enemiesの音楽サイクルが終了したと同時に、アレックス・ヘンリー・フォスターはしばらく表舞台から離れる決意をし、バンドの次回作へのインスピレーションを求めて、単身タンジェへ向かった。

「ここ10年間は、バンドとして忙しく過ごしてきた。特に僕らは独立したバンドとしてアルバム制作のあらゆる側面を自分たちで管理してきたから、疲れ切ってしまったんだ。YFEの嵐が過ぎたあと、色々なことから逃げ出して、穏やかな世界に身を置くことができた」とフォスター氏は言う。

徐々に、まず言葉が現れていった。コラボレーションをするにつれて、彼の仲間であるベン・レムリンが、シンガーの書いた詩に合うようなメロディーを作っていった。タンジェにスタジオまで建てたそうだ。

「このアルバムは僕のアイデンティティだ。バンドの他のメンバーたちに僕の物語を背負わせたくなかった。インスピレーションとなったのは父の死であり、それは個人的な心情だ。なんとなくセラピーのような、自分自身のために書いたアルバムっていう感じ。でも時が流れるにつれて、彼らは音楽的に関わりたいと言ってくれたんだ」と、現在バージニア州にて別のプロジェクトに取り組んでいるアレックス・ヘンリー・フォスターは付け加えた。

11月9日、何の前宣伝もなく、8曲入りアルバム『Windows in the Sky』はリリースされた。そして、アルバムはすぐさまケベックチャートのトップに躍り出た。

「このアルバムについては、あまりプロモーションをしなかった。最初にカナダにいるチームのみんなに感謝を伝えるためにも聴いてもらって、そのあと日本へ向かいリスニングパーティーを開催したんだ。こういう風に僕のアルバムを人とシェアすることは、自分自身へのギフトだった」とアレックス氏。「こんな成功は全く予期していなかったよ。そういう考えを持って作ったわけじゃないし。むしろアーティスティックなアプローチをしたんだ。ラジオで流れるような曲でもない。特に14分にまで及ぶ曲はね」

Your Favorite Enemiesのプロジェクトについて

アレックス・ヘンリー・フォスターのソロプロジェクトや、映画のサウンドトラックへのコラボレーションなど様々なプロジェクトに関わらず、YFEは終わりではない。ドラモンヴィルに建つ旧聖シモン教会に拠点を置くバンドの、今後の方向性を必ず加えて欲しいと言われている。

「今はそれぞれが、それぞれに色々なことを試してる。またバンドとして戻って、僕らの感情をシェアするよ。僕らの結束はいつだって消えないんだ。そして、時がくればその全てにおいてワクワクするはずさ」とフォスター氏は締めくくった。

Ghyslain Bergeron

2018年11月23日(金

アレックス・ヘンリー・フォスター: 予想していなかった成功!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

ケベック出身のアレックス・ヘンリー・フォスター、Marie-Maiのアルバムセールスを超える

11月15日の週の終わり、4,504セールスを記録したAlex Henry Fosterの『Windows in the Sky』は、Museの『Simulation Theory』(4,211)、Ginette Renoの『À jamais』(4,172)、Marie-Maiの『Elle et moi』(3,044)、Imagine Dragonsの『Origins』(2,492)を抑え、ケベック州でのアルバムセールスをトップで終えた。

Muse, Imagine DragonsとMarie-Maiは11月9日にニューアルバムをリリース。発売から1週間、ケベック州で最も高いセールスを記録したのは誰だろうか?この3人ではない。全ての名誉はドラモンヴィル・ロッカーであるアレックス・ヘンリー・フォスターへと与えられた。

ケベックバンドYour Favorite Enemiesのリードシンガーが生んだソロプロジェクト『Windows in the Sky』は、Nielsen SoundScanの週報によって、人々に衝撃を与えた。Muse, Ginette Reno, Marie-MaiとImagine Dragonsを抑えトップに躍り出たのだ。「言葉が出ないよ。想像もしてなかった!」とインタビューに答えたフォスター。

カナダ全土で『Windows in the Sky』は、MuseとImagine Dragonsに続き第3位で1週目を終えている。

アレックス・ヘンリー・フォスターが驚いたと言うのも、かなり控えめな表現である。彼は全く期待をしていなかったので、アルバム発売の発表すら、たったの1週間前だった。宣伝キャンペーンがそれほどミニマリストだったので、本紙が彼にインタビューをする最初のメディアである。

サプライズ

それでも、火曜日、アレックス・ヘンリー・フォスターのアルバムは絶好調だった。iTunesカナダのオンラインストアにて、新譜がリリースされたばかりのFred Pellerin, Michael BubléとMumford and Sonsに続き、第4位についたのだ。

さらに驚きなのは『Windows in the Sky』が2018年のコマーシャルサクセスとは全く反対の作品であることだ。平均5分の長いトラックを中心とし(「The Hunter (By the Seaside Window)」は14分18秒)プログレッシブロックのような探究的なムーヴメントを思い起こさせるポストロックへと導いている。

それ故、フォスターにアルバムの成功について尋ねたところ、彼に言えるのは仮説だけなのだ。「多分、人はこういうタイプの音楽を聴く必要があるんじゃないかな。いつもとは違う何かを経験して、いつもとは別のサウンドを聴く必要が。商業レベルでは理に適わない15分の曲があるってのも良く影響したのかも」

冒険

この想像していなかった成功に関わらず、世界中、とりわけ日本に根強いファンのネットワークを築いてきたバンドYour Favorite Enemiesの未来が危機を迎えているわけではない。

「冒険はまだまだ終わらないよ。反対に、僕が今経験していることは、バンドで一緒に音楽を作るときに幅を広げてくれるはずさ」とアレックス・ヘンリー・フォスターは言う。

今現在、すでに他の音楽プロジェクトに取り掛かり始めているフォスターには、コンサートツアーの予定はない。しかし、この予想外の成功によって “それをさらに推し進めて、この冒険が自分をどこまで導いてくれるか見てみたい”という願望を与えたことも確かだと認めていた。

Cédric Bélanger
2018年11月20日(火)

“Windows in the Sky” in Le Journal de Montréal / Le Journal de Québec

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

Alex Henry Foster のアルバム『Windows in the Sky』が今日発行の Le Journal de Montréal + Le Journal de Québec に掲載されています!

これを可能にしてくれて、どうもありがとうございます。記事の中で書かれている予想外の成功は、あなたがいなければ成し得ませんでした!アルバムを受け取ってくれて、どうもありがとうございます!

Read the English translation of the article

WINDOWS IN THE SKY チャートは空高く

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

皆さんの無償の愛とサポートに感謝してもしきれません。特にこのようなパーソナルで親密なアルバムの時には!アレックス初のソロアルバム『Windows in the Sky』 は、Muse、Imagine Dragons、Lady Gaga、Queenというメジャーアクトたちが並ぶ中、5日間連続でiTunesのチャート1位をキープし、Soundscanトップ200では、ケベック州オールジャンル第1位、カナダ国内のデジタル・アルバム第1位、そしてカナダ国内オールジャンルではMuse、Imagine Dragonsに続き第3位を記録しています!

このような数字以上に、アレックス本人やチームクルーたちは、言葉にできないくらい感謝をしています。というのも、ラジオやメディアのプッシュなしに、皆さんと私たちだけで成し遂げたことですから!今でも音楽が人の心を動かすことができると信じているDIYアーティストたちにとっても、激励のメッセージになるでしょう。アレックスはこのアルバムに全身全霊を捧げました。彼の心の中で渦巻いていたものを打ち明け、嘆き、悲しみ、愛、希望、そして心に深く根付いている希望に言葉を与えたのです。

誕生日おめでとう、アレックス!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

あなたの言葉、あなたの音楽&あなたのアートを通して、この世界であなた自身の道を刻み続けることができる年でありますように。あなたのために用意された未来の約束を見つめ、振り返らず、そして未知なる暗闇は光が輝くのを、あなた自身のものになるのを待っている場所にすぎないことを忘れないで下さい!

“Summertime Departures” [Lyric Video]

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

「Summertime Departures」はアレックスのアルバム『Windows in the Sky』からのファーストシングルです。

タンジェとモントリオールを行き来する中で書かれた『Windows in the Sky』は、仲違いしていた献身的な信仰者である父親が、長年に渡る癌との闘病の末に亡くなったことを受けて、感情的に孤独を感じていた脆い精神状態の中で制作されました。フォスターは、不信仰、悲しみ、孤独の本質を見つめながら、嘆きによる混乱の中に希望に満ちた方向性を見つけようとしています。  

Summertime Departures

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

「Summertime Departures」はアレックスのアルバム『Windows in the Sky』からのファーストシングルです。このユニークな世界に飛び込んで、音に身を任せ、言葉に新しい意味を見つけ…そして、存分に浸って下さい!サウンドクラウドでフル楽曲をどうぞ.

“Windows in the Sky” in the iTunes Charts

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

アルバムリリース日、Muse、The BeatlesとQueenに並び、アレックスはiTunesのトップチャートに入りました! 『Windows in the Sky』は、ロックカテゴリーで首位、オールジャンルで第2位を記録し、カナダ国内のメジャーなメディアで”パワフルなポストロックの出現”と評されました!この旅路があなたなくしては、成し得なかったことを改めて表しています!🙏

手に入れる