• YFE - Early Days

  • Sef Lemelin - Deconstruction

  • SFCC

  • Sef Lemelin - Deconstruction

  • YFE Store Gift Cards

The Eye ViewマガジンVolume 4リリース!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

皆さんと色々なことを共有したいという望みは常に新しい形へと進化していきます。バンドが体験していること全て、それが音楽であろうと、スタジオでの活動だろうと、アート、ライフスタイル、ファッション、スポーツだろうと、それをマガジンで分かち合えるのは最高です!バンドとして、けれど一個人として、皆さんと共に成し遂げる、あらゆるプロジェクトに心と魂を注ぎたいと思っています。

マガジンVolume4の注目トピック:
・バンドの音楽インスピレーション
・ジェフ&アレックスの旅ジャーナル
・タンジェ滞在の記憶
・ミス・イザベルの予想外のラブストーリー
・最新スポーツ、ビデオゲーム&TVシリーズ…

The Eye Viewマガジンは、Your Favorite EnemiesのファンクラブSFCC限定で読むことができます。会員登録して、多くの限定コンテンツにアクセスしましょう!

ファンクラブSFCCに登録する

セフがNAMM Show参加

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

1月24日から27日まで、Sef は BOSSからの招待を受け、 NAMM Show に参加し、生演奏をします。そしてベン、 Jeff & Alex Henry Foster と共にカリフォルニア州はアナハイムの太陽の下で新しい楽器たちを試します!😎

この特別なランデヴーを分かち合いたいと思ったので、セフは生演奏のリハーサルに皆さんを招待することにしました!参加するチャンスは2回。世界のどこにいようと、あなたに合った時間を選んで、ぜひご参加下さい!

⏰1月20日(日)11PM(日本時間)& 21日 7AM(日本時間)

これはファンクラブSFCCの会員限定イベントなので、まだメンバーでない方は登録をお願いします!

SFCCメンバーになる

アレックスより

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

今はクリスマスと大晦日のどこか、午前6時を過ぎたところ。今日が何日なのかは特に重要じゃない…生きていると感じるために日付を数えるのは止めたんだ。一時の保証のために時計を見るのを止めたんだよ。次々に消えていく日々に意味を見出そうとする意思を失くしてしまったんだ。僕が詩を書く部屋にある小さな窓からの眺めが、今知るべきこと全てを教えてくれる。街は眠っているということ。そして、僕の友人たち&バンド仲間のジェフ、ベン、ミス・イザベル、セフとムースも。彼らはここ1、2週間ほど家に滞在しているんだ。外を吹く風は、秋の明るい色を見せている山の木々ほど穏やかで、僕は柔らかく平和に晴れるであろう1日の最初の輝きを讃えている。レナードとマッカイは僕の足元で眠っているよ。本を読んだり書き物をしてる時、いつもそうしてるようにね。こういう心を明け渡すような純粋な瞬間に感謝できるようになったんだ。こういうときは、新鮮な空気の中、無垢な心が自由に溢れ出す。その静けさ、またはその破片こそ、鬱との長い戦いに疲れてタンジェへと渡ってからずっと、自分の心と精神を満たそうとしてるものなんだ。それはバージニア州にまで及び、数ヶ月間をここで過ごしている。

この1年は、感情的に豊かでありながらも、混乱した年だった。きっと他のバンドメンバーたちもそうだと思う。言うまでもなく、YFEファミリーチーム全体も。タンジェは僕にとって心の回復の時間であり、僕ら友人として素晴らしく安堵できた時間だった。最高の喜びに溢れた生活が、僕の人生に、僕らの冒険や創作の旅に待っているなんて信じていなかったよ。自分の目で見ることができたとしてもね。多分、僕は何度も疑いすぎて、奇跡を信じることができなくなっていたんだ。でも愛は…愛が僕を裏切ったことはない。たとえ、僕が色々な方法を見つけて、その贖いの本質を欺き続けたとしても。幸運なことに僕の場合、愛は膝をついた正直な男をいつだって許してくれる。それこそ、僕にとっての1年だったように思うんだ。自分の足で立つ意思、そして前へと進む勇気を見つけることについて。たとえほんの少しだったとしても。後ろ向きに這っていたような存在だった僕にとっては、今も学んでいる途中なんだよね…

僕は全く赤の他人から、素晴らしいライター、レポーター、そして親愛なる友人たちから受け取った、たくさんの質問に答えたー多すぎて数えきれないくらいーYour Favorite Enemiesのフロントマンとして答えてきた数よりもずっと多くね。でも、最近になってようやく、最も個人的な質問に対して、本当の答えを探しても良いと思えるようになったんだ。いくつものハテナマークの後に来る沈黙を、気が散るようなホワイトノイズや安全装置の響ではないもので埋めても良いんだってね。過去を振り返るのは嫌いなんだ。たとえ、陰った亡霊が常にイメージとして頭の片隅に残っていたり、疲れすぎて閉じれないくせに、降伏するにはプライドが高すぎる僕の目の前で、古い嘆きの季節の痛みが繰り返し映し出される中、生き続けていたとしても。そして、何故、何故、何故ー果てしなく続く何故ーを避けるためにできること全てを行い、どうでも良いような幻想を真似ようとした後、「分からない…本当に分からないんだ」ってシンプルに答えることは、僕にとって何となく特別なんだ。そして、きっと偽物の笑顔を、たとえ期待されたものでなくても、本物の瞬間に変えても良いんだと思う。

数日前、ジェフと僕は話をしながら、昨年のマッドネスについて笑い合っていた。そしてお互いの存在がどれだけ恵であるかを改めて話したことで、喜びの涙へと導かれたんだ。ベンとミス・イザベルが会話に混ざり、その後ムース、そしてそのすぐ後にセフが加わった。僕らはタンジェについて、音楽、人生、嘆き、信仰、希望について分かち合い、また恐れ、疑い、心配、不安、そして大切な愛すべき人たちのことについても話した。僕ら6人について話し、今も成長を続けている素晴らしいYFEファミリーについて話した。僕らの世界、そのナンセンスやその不思議について話して笑ったよ。僕らの友情がいかに機能不全であり、けれど素晴らしく、どれだけ恵まれているかについて話した。僕らはキッチンで何時間も立ち話したんだ。お互いがすごく近かったから、グループでの祈りの会か何かのようだったよ。テキーラのショットを数回飲んだ後、朝日が見えるくらいの時間にベッドへ行った。神々しい光とシンプルな約束をまとった朝だった。朝の目覚めと共に、僕らはみんな眠りについた。そして、このメッセージを書きながら、僕は同じように賞賛に値するような素晴らしい朝日を眺めている。

僕にとって、僕らみんなにとって、個人的にも全体的にも2018年がどれだけ決意に溢れたものかを書こうと思っていて、2019年がどんなものになるかのヒントを知らせたいと思ったんだけど、セフが一部屋ずつ扉を開けてみんなを起こしてるから、ジェフが大声で笑ってるんだ。こうやってさ、今日も1日良い日になるって分かる。どんなことが起きようと、その理由が何であろうとね。セフが僕の部屋に来る前に、2018年を振り返るとしたら、僕にとって人生最高の瞬間を受け入れられたことに深く感謝をしてるってことかな。それが、どんなものであろうと、一瞬だろうと、長期間だろうと、幸福だろうと悲しみだろうと、後悔だろうと完全な受け入れだろうとね。人生最高の瞬間はいつだって、自分の手にあるものなんだ…

「ブラザー、起きろ!プレゼントを開ける時間だぜ!!!レッツゴー!起きろ!!!」って、セフが今まさに叫んでいる。僕が今、違う部屋にいることも知らずに。ということは、今日は12月31日のはずだ。毎年恒例のプレゼント交換はこの日だから。いつものごとく、きっとセフは受け取るプレゼントにがっかりするだろう。そして、欲しかったのは1959年フェンダー・ジャズマスターであって、バカげた詩集や1959年じゃないフェンダー・ジャズマスターじゃないって文句を言うはずだ。(今年も僕はセフの名を引いたんだよね!!!)

長々と書いたけど、どうもありがとう、兄弟、姉妹、友人、ファン、仲間、そして愛する人たち。君の忠実なサポートと寛容な愛が、僕らの足元を明るく照らし続けてくれた。疑いの暗闇の中で行き先を見せてくれただけでなく、落ち込んだり、絶望の中で自分を見失っているときには、いつも手を差し伸べて導いてくれた。そして、覚えておくべきは、君たちこそ本当に永遠に続く瞬間であり、不安定な意思を奮い立たせてくれる存在なんだってこと…

「アーレーックス、どこにいんだぁー?プレゼント交換の時間だぜぇぇぇ!!!!!」ーセフ

行かなきゃ 😉

大好きだよ!!!

アレックス

メリークリスマス&ハッピーホリデー!!!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

喜びに満ちた素晴らしい休暇シーズンを過ごしましょう!あなたの愛する人たち、家族や友人と集まって、一番大切な贈り物はお互いに分かち合う愛であることを思い出す完璧な機会です。何故なら全てはそこから始まるから。この季節に、たくさんの愛が溢れますように!

クレイジーなYour Favorite Enemiesの愛をあなたに贈ります!

お誕生日おめでとう、ミス・イザベル!!!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

ミス·イザベル、今日はあなたの誕生日を祝うだけでなく、あなたの中に存在し輝いている心と魂もお祝いしています。あなたの自由な精神が生む音やメロディーを探求し続けてください。新しい年が旅を続けるための新しいヴィジョンを与え、あなたの天命、インスピレーションを示してくれますように!

Rock My World Canada, チャプター30: Your Favorite Enemies

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

[Mike CarrがCanadian Alternative & Indie Reference and Collector’s Guide(カナディアン・オルタナティブ&インディ・コレクターズガイド)と題してカナダの音楽の歴史を一挙にまとめたんだ。何百ものバンドが連なる最高のディスコグラフィーだよ。彼の本の抜粋は以下の通りさ。ーAlan Cross]

Your Favorite Enemiesは、2006年にヴァレンヌで結成されたオルタナティブ・ロックバンド。バンドは現在、拠点をドラモンビルに移し、自らスタジオにリノベーションした旧カトリック教会にて生活している。結成当初からメンバーの変更はない。2014年5月20日、バンドはアルバム『Between Illness And Migration』のカナディアン・エディションをリリース。発売当日のiTunesチャートは、ColdplayとThe Black Keysの間、第2位を記録。また『Between Illness And Migration』は2015年Juno賞の”ロックアルバム・オブ・ザ・イヤー”にノミネートされた。

カナディアン・オルタナティブ&インディ・コレクターズガイドには、他にも100組以上のカナディアン・アーティストについて掲載されています。ご購入はこちらからどうぞ。

世界人権デー

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

“僕らはみな同じ人間。想像したほど、分け隔てるものなんかない”

この世界人権デーに、私たちの人生の旅路として毎日、皆さんと分かち合えるこの交流に感謝します。バンドのInstagramアカウントにアップされたストーリーから、この写真たち1枚1枚にある物語を読んでください。

Instagramをフォローする

アレックス·ヘンリー·フォスター:記憶という風に開かれる窓

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

アレックス·ヘンリー·フォスターのニューアルバム『Windows in the Sky』がチャート上位をキープする予想外の成功を受けて、Daily Rock Québecは喜んでこの素晴らしいアーティストを紹介する。2つの大都市をまたぐ空の上で、クリエイターであるアレックス·H·フォスターは、親密、且つ表現に富み、そして高評価を受けている、このアルバムについて我々の質問に答えてくれた。

PS:インタビュアーJérôme Go-dreault曰く、このアルバムの心震えるような、何かを思わずにはいられないサウンドは、かつてレナード·コーエンに感じたものと同じものを連想させる、とのこと。おめでとう、そしてありがとう、ミスター·フォスター。

JG: アレックス・ヘンリー・フォスターって誰?どこから来たの?

AHF:  答えるのが一番難しい質問から始めるんだね…!そうだな、シンプルに僕は、音楽、詩、スケートボード、野球とビデオゲームが大好きで、マッカイ&レナードという2匹の犬の父親だ。3年ほど前にYour Favorite Enemiesと一緒に北米ツアーをしていて、その最後の地、テキサスのオースティンで2匹を引き取ったんだよ…

僕の生まれはモントリオールだけど、子供の頃は引っ越してばかりいたから、どこで育ったか特定するのが難しいな…

学生の頃はソーシャルワークについて勉強して、数年前Your Favorite Enemiesとしてフルタイムで音楽への情熱に献身する前は、モントリオールの南海岸にあるHLM(家賃が統制されている家)のコミュニティで性的暴行などの被害にあった子供たちのケアをして働いてた。

JG: いつ、どのような状況で音楽を作り始めたのですか?

AHF:  覚えている限り、僕はいつも音楽を作っていたな。恥ずかしい家族のアーカイブに隠されてるカセットの中には、ノンストップで歌う僕の声に両親がクレイジーになってる様子が記録されてるはずさ…そして、音が出るもので、壊れそうなもの、深刻なダメージを与えられそうなものなら何でも使ってうるさく音を出していた…

十代の頃はパンク/ハードコア/ノイズバンドに傾倒していたから、Minor Threat、Ramones、Gang Greenなどを流しては、クレイジーになれる人たちの輪を広げていったんだ。友人の両親たち、近所の人たちや学校のソーシャルワーカーたちを不快にさせながらね。上手くないってだけじゃ、僕の情熱を止めることはできないんだって理解した人たちに心配もされながら。

でも、働いていたコミュニティ団体にインターンシップに来たセフ(Your Favorite Enemiesのギタリスト)と出会ったとき ーそして同時にセフの弟であるベン(マルチ楽器奏者&プロデューサー)とも会ってー 僕の音楽への情熱が真剣に危険なものから、危険なほどに真剣になったんだ。そして、僕らはバンドYour Favorite Enemiesを結成し、学校を去って、素晴らしい人生が待っていたであろう普通の人生と良き息子たちであることを捨てたのさ。

その後のことは、インターネットの暗闇のどこかに記録されてるはずさ!

JG: あなたの音楽的インスピレーションとアーティスティック・プロセスは何ですか?

AHF: たくさんある、って言えるけど、まず何よりも、本物であり、正直でなきゃいけない。僕のプロセスはおそらく、事前にプロセスを作らないことかも。僕は驚きたいし、予想を覆されたい。だからこそ、日本の伝統音楽から、同時にNick Cave、Swans、Fugazi、Mats Gustafsson、伝統フラメンコ音楽やThe Cureを同じ夜に聴けるのかもしれない…全てはそこにある感情なんだ。それがどんなものであろうと、僕にインスピレーションを与えてくれる。

JG: これまでメディアで伝えらえてきたこと以外に、ソロアルバムを制作しようと思った理由や、どう制作したのか教えてくれますか?

AHF: ちょっとアクシデント的に起きたんだよね。僕は北アフリカに向かったんだ。というのも、Your Favorite Enemiesと5年間に渡ってツアーをしたことで、肉体的にも精神的にも疲れ果てていたから。最後に楽器に触ってから1年くらい経ってたかな、けど現実と向き合わなくて済むよう、そして当時の心境をさらに悪化させないために心の奥深くに埋めた感情と向き合って、受け入れるために詩を書いていたんだ。
そして、映画のサウンドトラックに取り掛かるためにベンがタンジェに来たんだけど、色々と話して、僕が表現できなかった感情を音楽にするよう励ましてくれた。

そうして、徐々に1曲、また1曲と出来上がっていき、結局は人生のある時期を象徴するアンサンブルになったんだ。それをアルバムとして発表する気はなかった。だって、その言葉やサウンドや感情を吐き出したあとに、また再び向き合いたくなかったし、こうやって今みたいに公に話すのも嫌だったからさ…!結局、Your Favorite Enemiesの他のメンバーたちが僕を説得したんだ。そうすることで、僕は自由になって、その本質を受け入れられるはずだって言ってね。彼らは正しかったよ。

JG: もしも状況が違っていても、このアルバムはリリースされていたと思いますか?

AHF: このアルバムが日の目を見ることはなかったと思う…今後、世に出る音楽と同じようにね。

JG: 最新アルバム『Windows in the Sky』について、よりオープンに話してください:

AHF: これは個人的なアルバムだけど、そこにある正直さが、分かち合うことや交流することへと招待している。他の人たちの目を通して、彼らが自分なりに受け取るのを見て、僕もこのアルバムの本質を再発見してるんだ。

JG: このアルバムはあなたの期待に応えていますか?その素質は何でしょうか?

AHF: 僕は期待なんてしていなかった。Your Favorite Enemiesと一緒に制作したものに関しても、期待なんてしたことはない。僕にとって、アートとクリエーションは、そこに注ぐ正直さに限ると思ってる。自分をさらけ出せば出すほど、今作っている瞬間、自分の中にあるもの以外、注げないという事実を受け入れていく。それこそ、僕としては、全ての創作が時間とともに自然に進化していく理由なんだ。過去に作ったものを新しい視点で見ることによって、その作品は今現在のものになる。創作は自分たちが成長するのと同じだけ進化するんだ。少なくとも僕はそう考えてる。

JG: 星10コを満点として、このアルバムはいくつですか?

AHF:  アートへの点数評価は信じてないんだ。アート作品を評価する人間を嫌うアーティストだっている。僕としては、シンプルに視点が一番大事だと思う。『Windows in the Sky』の航海へと身を解放した人たちが持つ考えは、僕のと同じくらい正しいものだ…批評を恐れたりはしないよ。だって、作品が分かち合われたら、もう僕だけのものじゃないから。

JG: アルバム制作に協力した主な人たちは誰ですか?またどのスタジオでレコーディングしましたか?

AHF: ベンはこのプロジェクトの裏にいるマエストロだけど、YFEのメンバーたちも少しずつ参加してるよ。彼らに参加してもらうのは必要不可欠だった。

プロダクションについては、3つの場所で、全く変則的なコンディションで行われたんだ。タンジェに建てたスタジオから、旧カトリック教会をリフォームしたプロフェッショナルYFEスタジオ、そしてバージニアの高地にある創作ステーションさ。

JG: アルバム『Windows in the Sky』の曲をYFEと一緒に演奏することは今後ありそうですか?

AHF: そう願ってるよ!僕がライブでこのアルバムを分かち合いたい場合に、バックアップが必要だったら、こういうことができるよっていうレジュメを既に彼らから受け取ってる!だから、オーディションを開催するよ。シリアスでプロフェッショナルなプロジェクトだからね!

JG: このアルバムの成功に続いて、YFEの未来をどんな風に見ていますか?

AHF: 僕としては、とてもシンプルさ。というのも、成功とかキャリアというものをあまり考えずに音楽をやってるからね。これが僕さ:アルバム『Windows in the Sky』を聴いてくれた人たちが自分なりに受け取ってくれたことに、すごく喜んでる。でも、それが今後来たるものに影響することはない。そして、僕をよく知る人や、YFEを大事に思ってくれてる人たちは、それを理解しているし、応援してくれている。バンドメンバーにとっても同じ何だ。僕らは、何よりもまず、家族だ。今後来たるものは、僕らが経験し、創作し、分かち合いたいことに基づいて決められるのさ。

JG: このアルバムに続くかたちで、映画のプロジェクトに取り組んでいると聞きました。それについて教えてくれますか?

AHF: みんながYFEの新作を待ち焦がれている時に、僕自身のソロアルバムをサプライズ・リリースした後で、”キャリア”のために最もロジカルな決断は、YFEでもアレックス・ヘンリー・フォスターでもない、第3のプロジェクトを発表することで、僕のアルバム『Windows in the Sky』についてのインタビューでそれについて話すことだった…!僕がYFEのインタビューを頼まれない理由が、これで少し分かったでしょ 😉

JG: なぜ日本なのですか?この新しいアルバムやYFEでもそうですが、この国と何か特別な繋がりがあるのでしょうか?

AHF: ああいうタイプのイベントを日本で開催することは、僕にとって大事だったんだ。

日本の人たちとは、特別な関係を持ってる。とても親密なね。自殺防止のプロジェクトから、ビデオゲームFinal Fantasyのサウンドトラック参加、または毎回、音楽やその他のプロジェクトを共有しに日本に行くたびに、家族のように歓迎してくれる特権とかね。

そして、東京で開催することは、自分で命を絶ってしまったあるファンのご両親との約束を達成する意味もあったし、音楽を通してでしか時に表現できない感情を、僕のように、本当の自分を上手く表現できないと感じている人たちと一緒に共有する方法でもあったんだ。

JG: このアルバムで世界ツアーを行いたいと思いますか?

AHF: もちろんだよ。でも、何をシェアして、どういう風にやりたいかを決める必要がある。今もまだそれについて色々考えてるところなんだけど、特別な”瞬間”を過ごしたいとは思ってるよ。これまでのようなロックツアーじゃなくてね…

JG: このアルバムでは、歌詞が重要な役割を果たしているように思えます。この歌詞はこのアルバムのために書かれたものですか?そして、歌詞が先に出来上がり、そこに音楽をつけていったのですか?それとも逆でしょうか?

AHF: いつも歌詞が最初なんだ。それってすごくレアだよね。普通は音楽が先にきて、それに合う歌詞をつけるから。でも僕の場合、YFEだろうと他のプロジェクトだろうと、いつも歌詞から始まる。アルバムで探りたいヴィジョンについて考えながら言葉を溢れさせるんだ。

JG: 複数人とアルバムを聴いたあと(みんなから好評でした)ディスカッションをしたのですが、そのうちの2人は、ところどころ、音楽が不必要に長く感じたと言っていました。それについて、どう思いますか?

AHF: 多分8曲のアルバムで60分以上にもなるオーケストラのようなノイズ音楽と詩の朗読だからじゃないかな…!でも真面目に『Windows in the Sky』は、何よりもまず、旅路になるようにできていて、どれだけ自分を浸すことができるかによって、それは適切だと信じてる。みんなそれぞれ音楽の聴き方は違う。僕にとっては、これが自分を表現する方法だったんだ。自分が感じたことをそのまま分かち合う以外、自問自答なんてしないようにした。でも、そういう人たちが何故そう感じたのかも良く分かるよ。それこそが、分かち合いの美しさであり、他の人たちにアルバムを経験してもらうことの美しさだ。

JG: アレックス・ヘンリー・フォスターは同じタイプのセカンドアルバムを制作するアイディアを持っていますか?そして、それは同じように成功すると思いますか?

AHF: 僕のディスコグラフィを見てもらえば分かると思うけど、特定のジャンルだけをずっとやったりできない人間なんだ。同じ波に長く乗り続けるためや、成功のためにすべきことをやるっていう決断ができない奴なんだよ…!詩吟(日本の古い歌の形態)とアヴァンギャルドなノイズを組み合わせて何かしたいなって夢見てるくらいだからね。もしかしたら、これを機に君は僕に二度と質問したくなくなるかも!だからこそ、このインタビューで答えの長さの新記録を出したかったのさ!

Jérôme Go-dreault

2018年12月08日