• SFCC

  • as warm as heart gets

  • YFE Hats

  • SFCC

  • SFCC

  • Prin-Sef Leia

限定エディション・アイテム完売

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

“A Journey Beyond Ourselves”プロジェクトの限定エディション・アイテムが全て完売しました!

このプロジェクトを受け取って頂き、どうもありがとうございます!このコレクター・アイテムたちがあなたの元に届くのが楽しみです。そしてもちろん、写真も期待していますよ!;)

限定エディション・アイテムを手に入れることができなかった皆さん、コレクションからの他のアイテムは今も販売中で、プロジェクトの限定アイテムと同じ魂が注がれています!もちろん、このコレクション以外でも、バンド初のEPから、メンバー自らがハンドメイドして作ったTシャツまで、色々なアイテムをお求めいただけます!

YFEストアで買い物する

ジェフ&アレックスと日本で会おう

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

アレックスとジェフが日本に行くと知っていましたか?二人は10月22日に到着します。スケジュールを見て、いつ、どこで彼らと会えるかチェックしてみてください!二人はカンフェレンスに参加するので、あまり自由時間はありませんが、皆さんとの時間をとることは、二人にとって、とても大切なことでした!

スケジュールを見る

✩ 10月20日(金)夜23:59(日本時間)までにYFEストアで受けた注文の全てを、通常の送料のまま、速達でお届けします!特に、特別な作業は必要ありません。欲しいグッズをいつもよりも早く受け取ることができます!そして、そうです。対象アイテムは全商品!

YFEストアでお気に入りのアイテムを注文する

BEEASTマガジンにてアレックスのコラム更新

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

日本のウェブマガジンBEEASTにて、アレックスの記事が公開されました。

今回、アレックスは何故タンジェが彼にとって意味深い場所なのか話し、Your Favorite Enemiesの次のアルバムをタンジェで制作することにした背景へと導いてくれています。とても親密で、個人的でインスピレーションに溢れる記事です。

記事を読む

タンジェに着きました

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

ニュースを聞いていなかった方々、これからバンドはここに数週間滞在して、スタジオを設置し、次のアルバムの制作に取り組みます! 長旅のあとは、少し休んで、テラスで美味しい夕食を楽しむ時間。もちろん、メディナの迷路へ出向き、オリーブ&ワインを調達して来ました。1年経っても、その場所を覚えていましたよ…

Canadian Beats: Your Favorite Enemiesに5つの質問

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

Five Questions WithのコーナーでケベックバンドYour Favorite Enemiesに質問することができて嬉しいです。バンドはアルバム『Between Illness and Migration』についての新しいセルフ・プロデュースLPレコード“A Journey Beyond Ourselves”を本と一緒に9月1日にリリースしました。その本の中に、私たちが書いたレビューが掲載されていると知って、とても嬉しいです!本はもう完売してしまったけれど、まだLPレコードと他の素晴らしいグッズが販売されているので、ウェブサイトのインフォメーションをチェックしてみてください。

読者に自己紹介をお願いします。

僕はアレックス・ヘンリー・フォスター。ポストロックバンドYour Favorite Enemiesのリードシンガー。バンドは長年の友人たち5人と一緒に、ほぼ10年前に結成したんだ。

モントリオール郊外に住んでいて、旧カトリック教会を僕らの本部にリフォームした。プロフェッショナルなレコーディングスタジオや、リハーサルスペース、マルチメディア部門の仕事場と、グッズ製作のための設備も施されていて、さらにレコードレーベルとしてのオフィスもある。僕らはDIYの代弁者だ。そして、どのプロジェクトもコミュニティ価値と人権への関わりに基づいている。

あなた方の音楽と作曲スタイルについて教えて下さい。

ポストロック/サイケ/ノイズ/オルタナ・シューゲイズのブレンドとして描写されてきた。そして、Nick Cave, Mars Volta, Fugazi, Mogwai や Sonic Youthなどの私生児としてみなされることが多い。

僕らとしては、もっとシンプルに説明できると思う:直感に従うタイプのグループなんだ。習慣やフォーマットを気にしたり、心配したりせずにね。様々に共有する瞬間の中で、自分たちが感じたままに曲を作っているよ。良い感じにするためとか、他人の期待に応えるために、こうであるべきとか、これを分かち合うべきっていうものよりも、一緒に経験した瞬間の正直さに興味がある。

近々ライブはありますか?まだあなたのライブを見たことがない人に向けて、あなた方のライブパフォーマンスをどう説明しますか?

近々ライブをする予定はないよ。次回作に取り組むために、みんなでタンジェへ向かうから。

でも、バンドのライブを見たことがある人は、こう言うかもしれないね。僕らのライブは会場が一体となって心を解放する、高揚的な瞬間だって。とても生き生きとしていて、インプロや楽器をスイッチして演奏したりもする。全てはその瞬間についてで、何にも縛られない。僕らが同じライブを2度やることはない。エンターテイメントの名のもとで、感情を再現することを信じていないんだ。それが本物であるなら、以前うまくいったものの真似をする必要なんかない…それが本物である限りね。僕らにとっては、それが一番大事なんだ。

あぁ、それと、ライブ後に会場を去るとき、シンガーは大丈夫だったか聞くかもしれないね。とっても高いところからジャンプしたからって。色々とカバーしてくれる良い保険を探すのが、どんどん難しくなってるのは言うまでもない…そして、適切な医療チームがすぐそばにあるライブ会場でパフォーマンスするのもね

楽曲を1曲だけ人に勧めるとしたら、どの曲を選びますか?

アルバム“Tokyo Sessions”から、”Underneath a Blooming Skylight”。

Canadian Beatsはカナダの音楽シーンについてです。というわけで、最近お気に入りのカナディアン・バンド/アーティストは誰ですか?

僕らはみんな違うテイストを持っているけど、共通しているバンドやアーティストと言ったら、この人たちかな:Metz, Neil Young, Godspeed You! Black Emperor, Feist, Preoccupations, Japandroids, Oughtと、Leonard Cohen.

Congrats to the winners!

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

コンテストに当選した2名の方、おめでとうございます!
Franck Michel 🇫🇷 – Tokyo Sessions テストカット・レコード(イエロー・ラベル)
Ayase Mizuta 🇯🇵 – Tokyo Sessions テストカット・レコード(ブルー・ラベル)
あなたのレコードは、発送に向けて準備中です!お楽しみに!

コンテスト:サイン入りテストカット・レコードをもらおう

Written by Your Favorite Enemies. Posted in ニュース

先週日曜日のBla Bla Bla:ライブショーで発表された通り、バンドメンバーは彼らの最新リリース“Tokyo Sessions”のテストカット・レコードを差し上げます。どのレコードもベンが一枚一枚カットしたので、ユニークなアート作品となっています。

イエロー・ラベルのレコードの対象者は全員。ブルー・ラベルのレコードがもらえるのはSFCCメンバーのみです。

チャンスを掴みたいですか?シンプルに新しいコレクション“A Journey Beyond Ourselves”から、どれか一つでもアイテムをゲットして下さい!コンテスト期間は9月24日(日)午後12:59(日本時間)までです。当選者は9月25日に発表します。

アイテムを購入する

FYI Music Magazine: “Your Favorite Enemiesのアレックス・フォスターに…5つの質問”

Written by Your Favorite Enemies. Posted in インタビュー

ケベックを拠点に活動するロックバンドYour Favorite Enemiesは、 A Journey Beyond Ourselvesと名付けられた新しいプロジェクトをリリースし、既に感銘的な彼らのカタログを拡大した。DIYバンドのメンバーによってハンドメイドされたプロジェクトは、アルバムTokyo SessionsのダブルLPと、バンドがモントリール郊外に持つ教会スタジオにてライブレコーディングした未発表曲”Underneath (As Strangers Falling in Love)”の10インチレコードが含まれている。

それに加えて、リードヴォーカルのアレックス・フォスターが書いたパーソナル・メモや、ツアー中に書き綴った日記の一部、未発表の詩、そして彼らのワールドツアーからの写真、各バンドメンバーによる回想記などが詰まった豪華な本も揃えている。

A Journey Beyond Ourselves は、Your Favorite Enemiesの過去5年間を振り返ったまさに旅路だ。バンドメンバー6人それぞれの親密な物語が語られ、アルバム 『Between Illness and Migration』の複数のバージョンを制作した理由に触れている。

また、フォスターが肉体・精魂ともに尽きるようだったと描写する前作品の創作期間のあと、バッテリーをリチャージするために数ヶ月間活動を控えていたが、このプロジェクトは彼がフルタイムでの活動に戻る印にもなった。A Journey Beyond Ourselvesの詳細については、 yourfavoriteenemies.com へ。

A Journey Beyond Ourselves は、素晴らしいプロジェクトです。完成するまでにどのくらいかかりましたか?また、チャレンジだったことは何ですか?

このプロジェクトを完成させるまで、1年とちょっとかかったかな。

実は、最初にこのアイディアが生まれたのは日本で開催したコンサートから帰ってきたあたり。アルバム『Between Illness and Migration』の解釈を全く新しくして、日本でコンサートをしたんだ。このコンサートが、アルバムTokyo Sessionsへと導き、次回のアルバムへとシフトしていく間に、A Journey Beyond Ourselvesのアイディアが一瞬、再浮上した。その時はみんな、とても忙しくて、こんな壮大なプロジェクトに取り組むなんて正直、余裕がなかった。けど、1年くらい前に僕がタンジェに滞在していたとき、このアイディアについて再び考えてみたんだ。

正直になりたいというバンドに共通した意思よりも、どれだけ率直になれるかというジレンマの方がチャレンジだった気がする。このプロジェクトが徐々に形になっていく中で、要となったのはそれなんだ。最初はアルバム『Between Illness and Migration』のコンセプトに関わる物語についてだったのが、世界各国を訪れたツアーなどの5年間にまで広がっていったからね。でも何となく、個人ノートを再び開けて、僕のツアー日記などを読み返していく中で、このプロジェクトはより親密でパーソナルなものになっていった。バンド内の関係について深く見つめたり、鬱や孤独に関わるチャレンジ、質素なバックグラウンドを持つ6人の異なる人間たちの目が、世界を知ることで生じる目眩がするような現実とかね。

アルバムの物語は、違うアングルで自然に明かされていったよ。それを書き直して、神話かのように良く見せようとするのではなく、ありのままの物語に完全に浸り、お互いと再び繋がるための手段にしたんだ。

僕らが来た場所、以前の僕ら、通ってきた道、そして、それを生かしたまま取り出すことがどれだけ難しいか、それと向き合うことこそ、長時間アーカイブを覗いたり、プロジェクトの製作において直面したテクニカルな問題よりも、チャレンジだったように思う。

長い答えだとは思うけど…まぁ、これでも一部だよ!

自分についてさらけ出すことが、何故そんなにも大事だったのですか?

自分が誰かの物語の影になっていると認めた瞬間に、そうすることが必要になったと思う。自分の人生の傍観者になって、誰からも離れ、感情的に完全に孤独だって認めたときに。その道のプロに相談したり、他の人たちに打ち明けたりもできたかもしれないけど、文章を書くことが、いつだって僕の自己表現の方法だった。だから、そうやって向き合ったんだ。そして、真実以上に、正直言って、ポジティブに解放することができたと思う。まるでドラマかのように公に自分に鞭打つんじゃなくてね。最初は気が進まなかったけど、何となく、書いて心を開くことが自分にとって良いことだと分かっていた。

こういう問題はとてもセンシティブだと思うけど、鬱や心の病というのは、自分で認めることがすごく難しいものだと気付いたんだ。まるでタブーかのような。”強くいる”ことがすべての答えになっているからね。本当に必要なのは脆くなることかもしれないのに。まぁ、僕はそういう風に考えてるし、そうやって心の問題に対処するようにしてるんだ。数年前、Matthew Goodのパーソナルストーリーが警告してくれた…ある意味で、孤独のサイクルを壊してくれたよ。

バンドを、友人として、ミュージシャンとしても強い絆で結ばれたものにした要素をどう描写しますか?

お互いの違いを受け入れることを学んだって言うかな – そして僕らがどれだけ違うかを神様は知ってる!だから、バンドに必要な妥協を育てるんじゃなくて、僕らが分かち合っている言語の本質を定義し、再定義し続けようとしてるんだ。僕らみんな、自分の中の悪魔や影と戦ってるという事実を認めたんだよ。そして、他人を自分の自己保存の視点に合わせようとするよりも、ありのままの僕らをお互いに受け入れることを学んだんだ。

理由を確かなものにするのは難しい。けど、僕らはお互いを見つけ、何となく僕らの目的を見つけたんだ。残りは選択さ。ここ数年で学んだことは、プロジェクトがどれだけ新鮮で、心が高揚するものだったとしても、それは僕らがお互いに投資する時間の代わりにはならないし、僕らにある問題を永遠にカバーすることもないってこと。覚えておくべきモットーと哲学的な視点だよ。時に、他の人たちよりもね!

今取り組んでいる新しい音楽について少し教えて頂けますか?

僕らは、いくつか違うプロジェクトに取り組んでるよ。セフ、ベンと僕は今まさに、来年リリース予定のサウンドトラック・プロジェクトを完成させようとしてるんだ。僕はフランス語の朗読/ノイズ/エクスペリメンタル・アルバムも同時に制作中だよ。そして、僕はYFEサーカス全員を今月末にタンジェへ連れていき、街の中心に建てたレコーディング・スタジオで次のアルバムに取り掛かろうとしてる…僕らの毎日は多くのノイズに囲まれているよ!

子供の頃の音楽にまつわる最も好きな思い出は何ですか?

本物のロックンロールが何かについての激しい口論かな。母はElvisが大好きで、父はCreedence Clearwater Revivalに忠誠を誓っていた。激しい会話は、理由がどうあれ、男はソファで寝なきゃいけないこともあるってことを理解させてくれたよ!まぁ、それはともかく、二人はその後、共通の考えを見つけるんだ。僕が大好きだったMinistry, Skinny Puppy や The Cureへの完全なる嫌悪でね。分かってるよ、僕も何故なのか理解できない。多分、髪型じゃないかな…さぁ、どうだろうね!